マンハッタンSTORY

波乱万丈人生半世紀。NYから本音情報お届け中。

自宅で簡単にホクロ除去!その方法とは?(パート1)

f:id:wakuwaku-ny:20190811204522j:plain

Hello everyone!

 

アメリカ東海岸は気温も下がり、夏の峠を越した感が漂っている快晴の週末です。(チョット寂しい!)

 

さて、今日は「自宅でホクロ除去」ちょっと怖い響きですが、その紹介をいたします。

 

まつ毛革命についてご紹介させて頂きましたが、今日は、、、ズバリ!ホクロ、加齢による色素沈着性ホクロ、です。

(注:以下、略してホクロと呼ばせて頂きます。)

 

そうなのですよ。元々、日本人にしてはソバカスやホクロが多い、所謂、欧米人肌質が悩みではありました。しかしながら、若かりし頃は

「そばかすなんて、キャンディキャンディみたいで可愛〜い!

(ここで一気に年がバレますね(^.^))

なーんて言われた私。素直が取り柄とあって、そばかすはチャーミングと信じて半世紀生きてきました。

 

いつの頃からでしょうか。あれ???鏡に映ってる私の顔が「くすんでる!」

何となく「小汚い!」どうしちゃったの?

キャンディキャンディはどこに行ったの?

 

おまけに!拡大鏡(私の戦友です)で、じーっとよーく見ると、、、そばかす同士がくっついて、“茶色いホクロ”になっているじゃありませんか?

うーん、と唸りました。この同化したホクロが顔や腕、首に多数出現していたのです。それが私の肌をくすませていた、、、

紫外線予防を真面目にしなかった、当然の報いだとも言えます、ね。

 

そこで、またまた私は研究しました。

それが今日ご紹介の

「自宅ホクロ除去レーザーペン」

なるものです。

注意:

ここ米国では認可されていますが、日本の事情はわかりません。

 

自分でやる!、そこに至るまでの経緯を!

ソバカス同化発見に動揺した私。これまた格安お得クーポン満載のGroupon で調べてみました。「レーザーホクロ除去」あるわあるわ!皮膚科じゃなくてもサロンでやってる!早速レビューの良いところ、予約して行ってみました。超恐かったのが本音ですが、ここでビビってる場合じゃない!と。

因みにLEDレーザーフォトフェイシャル、ではありません。ホクロ一個ピンポイントで取っちゃう、所謂、「古典的な」方法なんです。(だから恐い)

施工場所も普通のサロンの一室。これまた普通のエスティシャンが、普通の市販の「numb cream」を取りたいホクロに塗って、そこが麻痺して来るのを15分待つ。

 

その後、いよいよ!超こわかった、です。

「血の海になるんじゃ?」

「どんだけ痛いんだろう??」

「除去した箇所に大穴が空くんじゃないだろうか??」

 

顔面蒼白の私を横目に

「だーいじょうぶよ。直ぐに終わるからね〜!」

気楽なラテン系のエスティシャンが、とある箱を開けながら、中身を取り出しながら、しゃべってる!

「え??あの小さな箱は何??」

「え???あの万年筆を太らせたような、あんなペン???」

「コードレス???」

「はーいじゃあ行きますよ〜」

「あ、チョット待って〜〜〜〜〜!」という間も無く、

肌に”ビビビッ”と衝撃が!でも、

「え?痛くない」

この1ー2秒のビビビッを、 3回。

終了!!!

超カンタン。拍子抜け。

お値段: ホクロ2個で$55(日本円6000円)50%オフ価格です。

その後、3週間でかさぶたも取れ、すっかり綺麗に!

何より、ホクロが消えてる〜!

まだたくさんあるホクロの様なシミソバカス。

取りたい、、、、

でも高い、、、、

そうだ!あの箱、コードレスでカンタンな機器そうだったから、市販であったりして?!

 

じゃーん!

見つけました!

「自宅ホクロ除去ペン🖋」

それも、たったの$25!!!!!

速攻でお買い上げ。待つ事5日間遂に登場。

マイペン🖋!

 

明日、後編にて、実物ご紹介!

そして、実際に、やってみました!!!

 

乞うご期待。

 

See you soon!