マンハッタンSTORY

波乱万丈人生半世紀。NYから本音情報お届け中。

50歳からの糸フェイスリフト!たるみ解消!本当はどうなの?

こんにちは!

猛暑続く日本ですね。どうか熱中症にはお気をつけくださいね。

本日は、中年以降の最大の悩み、”たるみ肌”についてのお話です。

私も40代後半から50歳になる頃、口角が下がる、ふと横顔を見たときの

口元になんとも歳を感じずにはいられなかった、寂しい経験ありでした。

 

f:id:wakuwaku-ny:20190815045903j:plain

切らないフェイスリフト



様々なクリーム、マッサージクリーム、エステ、ありとあらゆるものに

チャレンジしました。しかし、重力の法則の前には、全て限界がありました。

でも、「切る整形」はしたくない、行き着いたのが「切らないフェイスリフト」

皮膚下に糸を入れて引き上げる、という、糸フェイスリフトと呼ばれるものでした。

 

以下、長所短所を神戸大学病院美容外科サイトから引用していますので、

併せてお読みください。

神戸大学病院美容外科

その長所は
・糸を入れるだけなので、皮膚を切開しなくても良い
・ダウンタイムが短い
などが挙げられます。

 

私たちでは、効果が長持ちしないことは大きな問題であると考えています。
また皮膚を切開しないことは、すなわち皮膚を切除できないということです。つまり糸でリフトした(引き上げた)皮膚は、行き場所がないので、その部分にたるみとして残ってしまうのです。そしてそれは美容的に決して好ましいものではありません。
以上の理由から、当科では積極的にはお勧めしていません。

 もちろん糸のリフトを完全に否定しているわけではなく、患者さんが長所と欠点をご理解の上、お受けになるのは問題ありません。

 

 

正直に言います。

痛かったです。でも、劇的な即効性効果はありました。皮膚の下に入る針、麻酔がかかってはいても、痛み、衝撃を感じました。

30分程度で終わりましたが、下の写真のように、針が入った箇所が、たまたま血管だったようで、このように左側だけ、家に帰っても出血しました。

化膿止め薬クリームは必ず5日間使用と、念を押されました。

 

最大のメリットは、術後直後から、顎のラインがキュッと上がったことが分かったことです。本来、顎に2本(片側)、頬に2本から3本(片側)が一番効くとのことでしたが、怖いので、私は、顎に1本ずつ、にしました。

初めてだったので、これで十分!だと思っていますが、どうでしょう?

 

以下、日付順に写真公開していますので、比べてください。

注:加工は一切加えていないため、グロい写真もあります。

 

リフト前日

 f:id:wakuwaku-ny:20190815034125j:plain

 

術後30分 恐怖で顔がひきつってますね。

f:id:wakuwaku-ny:20190815034200j:plain

 

術後3日 なぜか糸の最初の部分が青あざになりました。

f:id:wakuwaku-ny:20190815034233j:plain

 

術後5日 まだ顎のラインに少し腫れが見られますね。

f:id:wakuwaku-ny:20190815034311j:plain

 

術後7日 腫れも治り、見事にスッキリ上がりました!

f:id:wakuwaku-ny:20190815034048j:plain

 

私に施術して下さった先生も、6ヶ月1年程度で糸も溶けて、元に戻るとのことでした。

費用もキャンペーン中とあって、$600と割安感ありました。日本では高額ですよね。

結論を言いますと、『やってよかった!』です。

高いクリームを使うより、効果も劇的に出ますし、やはり重力に逆らって

引き上げに勝る、ものはないかな、と。

詳しくお聞きになりたい方はコメントくださいね。勇気いる決断ですものね。

私の分かる範囲でお答えさせて頂きます!

 

いつもご拝読いただきまして、誠にありがとうございます。

私の人生の励みと生きがいになっております。

もしこのブログを読んで、いいな!、って思って下さったら、スタースタンプ&読者登録して頂けましたら、本当に、本当に嬉しいです。