マンハッタンSTORY

波乱万丈人生半世紀。NYから本音情報お届け中。

芸術の秋ニューヨーク!オペラ、バレー、ジャズ全部楽しみたい。(リンカンセンター)

 みなさん、こんにちは!

こちらニューヨークはすっかり秋の気配。

1年で一番美しい季節の到来間近です。

秋と言えば、「芸術」。ニューヨークは世界の中心とあって

ありとあらゆる芸術が溢れている都会です。

 

私は、自他共認める、「クラシック音楽オタク。」初めてニューヨークに越した冬のある日、あの夢の場所、「カーネギーホール」が歩いて10分の距離にあることに感動のあまり、雪降る中、通りの向かいから立ちすくみ、涙したものです。

Carnegie Hall(カーネギーホール)もですが、文化施設の集合体は、やはりこちら

リンカンセンターです。

メトロポリタンオペラは世界でも有名ですが、ニューヨークバレー、ニューヨークフィル、そして、かのジュリアード音楽院も全て集合させて、まさに、芸術の都が作り上げられています。

ニューヨークバレーのレベルの高さには、特にコンテンポラリーバレー、私は

驚愕したものです。

オペラもまだシーズン前で、バナーなど工事中のクレーン車も見かけましたが、

待ちきれず、人気少ないリンカンセンター、訪れて見ました。

 

下の建物はニューヨークバレー劇場です。

今シーズンのプログラムを予感させる、美しいバナーがデカデカと掲げられています。

ワクワクしてたまりません!

こちらは昨年のシーズンですが、ニューヨークバレーではなかったのですが

ボリジョイバレーが来たので鑑賞して来ましたよ!

右奥に見えるのがメトロポリタンオペラで、同じ時間帯に開演されることが

多いのでとても賑わいます。

f:id:wakuwaku-ny:20190908060948j:plain

リンカンセンターについてもう一つ素晴らしいなと思うこと。

一流の音楽家が集うことも、もちろんですが、シニア、学生、小さな子供達のための

イベント、教育関連コンサートなど、様々な地域に密着した催しの為に、会場をオープンにしていることです。

時々、公立学校のブラスバンドがリンカンセンター噴水前で演奏していたり。

少し横道に逸れますが、、、

このブログを書いていましたらちょうど、タイムリーに、今シーズン

Carnegie Hallのプログラム案内が郵便受けに入っていました!

素敵なプログラム満載です。

 

 

 

commons.wikimedia.org

 

こちら、リンカンセンター「オペラ劇場」「バレー」「ニューヨークフィル会館」

3本柱の外観の動画です。昼間はこんな感じですね。

シーズンが始まると、美しく着飾った観衆、キラキラと光るシャンデリアがガラス窓から見え、それはそれは華やかで美しいのです。

youtu.be

 

ここで少し、リンカンセンター歴史についてご説明させて頂きます。

リンカーンセンターは1950年代と1960年代にジョンロックフェラー3世によって建設されました。リンカンセンターの建設は、当初、「リンカンスクエア地域のリニューアルプロジェクト」の一環でした。多くの著名な建築家がこのプロジェクトに雇われ、20世紀後半に「リンカンセンター」が誕生したのです。

 

ロックフェラー氏は当初、センターの社長でした。このプロジェクト建設の費用の半分に当たる1億8450万ドルを一人で調達しました。

1959年には一度、取り壊され、現在、3つのホールを再建設したのです。

これらは1969年代にオープンしたのです。まだ歴史は浅かったのですね!

リンカーンセンターの周りを歩くと、このようにたくさんのポスターが掲げられ、

道ゆく人がふと足を止めて見入っています。私もその一人です!

 

昨年、市村正親主演の「マクベス」が上演され、完売の大人気オペラとしてここニューヨークでも大評判でした。娘が観に行って大絶賛。

nybiz.nyc

このように様々な芸術の都として世界中のファンを集めています。

下の写真は実際のメトロポリタンオペラ会場の中です。

音響効果は最高でした。私が観たのはベッリーニの傑作「ノルマ」。

ノルマ (オペラ) - Wikipedia

『ノルマ』 は、ヴィンチェンツォ・ベッリーニが作曲、1831年に初演された全2幕からなるオペラである。主役を歌うソプラノ歌手にとって最も難度の高いオペラの1つと考えられている。 ソプラノのアリア「清らかな女神よ」は特に有名であり、リサイタルなどで単独で歌われることも多い。

 

 

 

第2幕のノルマが二人の息子と心中を試みようとするも、その寝姿を見ると果てせない、その親心に私もつい涙したものです。ソプラノの心の叫びが私の心にも慟哭のように響き渡って圧巻でした。

メトロポリタンオペラは世界でもトップを争うレベルとあって、3時間近くからなる

演目もあっという間でもありました。

 

f:id:wakuwaku-ny:20190908215612j:plain

 

インターミッションでのシャンパンも格別。芸術を堪能できる素晴らしいホールです。

私は常日頃は色々と節約生活を送っています。ランチも手作り持参するのは常識だったっり。外食も滅多にしません。

でも、心を豊かにしてくれる、私の情熱を書き立てることへのお金は惜しみません。

もちろん、それにも、制約はありますが、お金で買えない感動、でも、その感動だって

お金で買える、だからそのお金を自分を幸せにするツールとしてどうやって操っていけるのか、ここ10年くらい、それが私の基本軸になっているように思います。

人生一度きりだから、私の心を掻き立てることへ貪欲に!

今シーズンの芸術も幕開け間近のニューヨーク。

いつまでこの魅惑の街に生活できるのかも不明ですが、今シーズンもたくさんの芸術を

楽しんで行きたいです。

 

いつもご拝読いただきまして、誠にありがとうございます。

もしこのブログを読んで、いいな、って思ってくださったらスタースタンプ&読者登録して頂けましたら、本当に嬉しいです!よろしくお願い申し上げます。

 

ではまた次回!

See you soon!!