ワクワクNYの生活お役立ちブログ

波乱万丈人生半世紀。体当たりの本音情報をお届けします。

今日は「米同時多発テロ911メモリアル」マンハッタンはリンカンセンターから生中継。

f:id:wakuwaku-ny:20190911225208j:plain

みなさま、おはようございます。

いつもバタバタな私ですが、今日は、朝から心を集中して思うことがあります。

今日は18年前に起こった、あの忌まわしい「米同時多発テロ」9月11日。

朝7時、アパートの外、この光景と共に目覚めました。

youtu.be

f:id:wakuwaku-ny:20190911203727j:plain

リンカンセンターから

 

私のアパートはリンカンセンターの向かい側。

上の写真のように追悼式が行われています。

芸術の場での追悼式とあって、このように「舞」を通して、追悼と悲しみを表現していて、心が震えました。

忘れてはならない世界平和。

少し、記憶を辿ってみる意味でも、改めて説明して見ます。

 

米国同時多発テロ

イスラム過激派テロ組織アルカイダによるテロ攻撃。当時の首謀者ウサマビンラディンが、アメリカはイスラエルがレバノンを侵略することを許可した、それを受けて迫害者と同じやり方で罰することを決めた、と表明しました。
ワールドトレイドセンター2棟、死者2763人。そしてあまり知られていないのですが、国防総省本庁舎(ペンタゴン)への突入攻撃。死者125人。重傷者106人。

詳しくはこちらをご参照ください。

ja.wikipedia.org

 

 

私のアメリカ人相棒は、その日、まさしく、ウオール街で会議をしていたそうです。

会議の真っ最中、突然、大爆音が響き渡り、その直後、会議室外で、

 

「OH NOOOOOOO!!!!」

 

と絶叫が起こったと回顧しています。

ここで、一つアメリカ人の「心情」をお話します。

”あまり詳細を話したがらない。” 

その心情も察してあまりある、だから、私は詳細を突っ込んで聞きません。

今、外ではセレモニーが行われ、オペラソプラノ歌手の雄叫びの下、荘厳なる舞が

繰り広げられています。

 

2001年9月11日に戻ります。

相棒、彼はその日、1メートル先も見えないほど、白煙が舞う中、ミッドタウンまで1時間半かけて歩いて帰宅したと、話しています。どうやって帰ったのか、あまり記憶もないと、いうほどのショック状態だったようです。

そして、彼の、友人は、最初の突撃を受けた、ツインタワーの第1棟で仕事をしていました。

そして、亡くなりました。

生まれたばかりの我が子、の写真を相棒に見せてくれたのが、その1週間前だった、と。相棒の目に涙が浮かびました。

 

人はなぜ憎み合うのでしょうか?

 

憎しみを憎しみで返すこと、そこから生まれるものは、もっとたくさんの憎悪でしかないというのに。

色々な思いが頭をめぐる1日ですが、改めて、今日一日、命があること、生きていられること、その命を与えてくれた両親、もっと遡れば、祖先、この美しい地球、全てに感謝を感じて過ごして見たいです。

 

各局テレビでは、ワールドトレードセンター跡地、でセレモニーの様子を中継しています。

下の写真は、命を落としたご家族、ご親族の方が、代表となってお亡くなりになられた2763人全員の名前を読み上げている最中です。

 

f:id:wakuwaku-ny:20190911224542j:plain

 

居たたまれない気持ちになって、少し外に出て見ました。コロンバスサークルの名物、”地球儀”がビルの谷間から太陽が燦々と当たって輝いていて、交差点真ん中だというのに、足を留めて見入ってしまいました。

 

何かのメッセージのようでした。

 

この地球に生かされている私たち。憎しみあい、やめませんか?、そう叫びたい衝動に駆られました。

 

 

f:id:wakuwaku-ny:20190911225112j:plain

 

そして、私が、穏やかに黙祷していたら、、、

 

私の友人から、以下のこんなとんでもない、メッセージが舞い込み!!!

 

”今、わか子のアパートの前通りかかったら、リンカンセンターで、

New Yorkファッションウィークのリハーサルやってるよ!面白そうだね!

 

違うだろ!絶対に!!!今日は違うだろ!

 

しばらく無視を決め込むことになりました。

まあ、類は類を呼ぶと言いますので、私も気をつけたいと思いつつ、

今日はここまでとさせて頂きます。

いつもご拝読いただきまして、誠にありがとうございます。私の励みと生きがいになっております。

もしこのブログを読んで、いいな!、って思って下さったら、スタースタンプ&読者登録して頂けましたら、本当に、本当に嬉しいです。

 

ではまた次回!

See you next time!