ワクワクNYの生活お役立ちブログ

波乱万丈人生半世紀。体当たりの本音情報をお届けします。

Twitterシステム障害!知ってるようで知らない”Twitter”のこと。SNSじゃない?!

みなさん、おはようございます。

朝7時、マンハッタンの外は薄暗く。以前、タイムズスクエア真横に住んでいた時、冬だけは最高のロケーションだと思っていました。それ以外の季節は、観光客でごった返し、仕事帰りも、中々自分のアパートにさえ、たどり着けないという、悲惨な日々でした。では、冬だけなぜ?ブロードウェイ通りから赤、青、黄色、LED光線で真夜中も昼間かと見間違うほど光線ビームを放っていましたから。暗〜く長い冬には最高でした。

f:id:wakuwaku-ny:20191002205139j:plain

 

さて、今日は、その米国はサンフランシスコが発祥地の「Twitter」の話題から。トランプ大統領が政治的発言も”Twitter”を使用した頃から、爆発的に広まった”Twitter”!

何やら問題が起こっている模様です。

www3.nhk.or.jp

 

以下、システム障害によって利用できないコメントの嵐。

Twitterの浸透力すごかったのですね!

 

 

 

 この ↑ ツイートが盛り上がっていますね。みなさん、楽しんでいる様子。

ちなみに、米国では一部、問題がある人もいるようですが、復旧しているようです。私は、こちらのサイトでチェックできました。

www.isitdownrightnow.com

 

今日は少し、この”SNS”(じゃないらしい!)について掘り下げていきたいと思います。

 

 

Twitterって一体なに?

Twitterは、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス。「ツイート」と呼ばれる半角280文字以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できます。

 

Twitterの定義は?

緩い「繋がり」(人間関係)が発生し、広い意味でのソーシャルネットワーキングの(SNS) の1つと言われていますが、Twitter社自身は「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」(通信網)であると規定し、SNSではないとしているのです。2017年11月時点でも、Twitter社のCEOジャック・ドーシーはTwitterはSNSではないとし、「インタレスト(興味)・ネットワーキング・サービス」であると定義し、また、2018年6月時点でTwitter Japan社の代表取締役笹本祐氏も、ネットワークサービスではなく今起きていることを知る場、ニュースメディアに近い場とわれわれ自身は考えている」とインタビューで発言しています。また、一部のマスメディアによって「ミニブログ」と、いったカテゴリーに分類されることもあったが、Twitter社はそのように定義していないのです。

Twitterの歴史

創成期にブログサービス「ブロガー」を開発し、その後グーグルに身売りしたエバン・ウイリアムズやブロガーの開発チームの一員であったビズ・ストーン、ジャック・ドーシーらが中心となって開発しました。ドーシーによると、Twitterの基本構想は自身が2000年6月に思いついたそうです。LiveJournalよりもリアルタイム性が高く、どこにいても自分の状況を知人に知らせたり、逆に知人の状況を把握できたりするサービスの可能性に気づいたと言います。ドーシーはそのアイデアを5年間あたため続け、その後、オデオ社のプロジェクトとして立ち上げました。

2006年7月から始まったTwitterのサービスは、2007年3月にアメリカで開催されたイベント「サウス・バイ・サウスウェスト」(South by Southwest、SXSW)でブログ関連の賞を受賞しことで一躍注目を集めるようになりました。

 

f:id:wakuwaku-ny:20191002204811j:plain

こんなメモ書きから構想が始まったそうです。By Jack Dorsey - twttr sketch

 ”Twitter”どうやって使うものなの?

機能
  1. Twitterに発言を投稿するにはパソコンや携帯電話、スマートフォンで自身のアカウントにログインし、画面上部のボックスに140文字以内で内容を入力し「ツイート」ボタンを押すことで投稿が完了します。
  2. Twitterにログインした際、自分専用のページ「ホーム」の「タイムライン」には自分の投稿とあらかじめ「フォロー」したユーザーの投稿が時系列順に表示され、各ユーザーが自分の近況や感じたことなどを投稿し、時に他のユーザーがそれに対して話しかけたりすることで、メールに比べて「ゆるい」コミュニケーションが生まれます。一方、「キーワード検索」をすると「キーワードを含んだ投稿」のタイムラインが生成され、「キーワードを含んだ投稿」でつながったグループが自然発生する。同じキーワードを含んだ投稿をすれば、グループに参加することもできます。「トレンド」により、いま多く投稿されている「キーワード」を知ることができ、トレンドの範囲を国別に、または主要都市別に絞り込む機能もあります。

投稿関連の用語
  • ツイート (tweet) 

ユーザーから投稿される140字以内の文章のことで、それぞれに固有のURLが割り当てられる。文字数に半角・全角の区別はない。以前は日本版公式サイトで「つぶやき」として表記されていたが、「ツイート」に統一されました。

  • リツイート (retweet) 

他のユーザーの投稿を再投稿すること。自身のフォロワーにそのツイートを見せることができます。RTと略すことが多い。自分がフォローしている人のうち誰かがリツイートした場合、自分がフォローしていない人の投稿であっても、その投稿が自分のタイムラインに表示されます。コメントは116文字まで入力可能。コメントを入れてリツイートした場合は引用ツイートの形となり、コメントを入れずにリツイートした場合は今までのリツイートと同様の表示です。

  • タイムライン (timeline) 

フォローしている人の投稿やリツイートが時系列に並べて表示される画面。TLと略されることもある。最新の投稿が一番上に表示され、古い投稿は下に流れていきます。リストや検索機能を使うと別のタイムラインが表示されます。

  • ユーザーストリーム (User Streams)

ストリーミングによりリアルタイムにタイムラインの情報を取得できるAPI。

  • リプライ (reply)

他のユーザーに宛てた投稿のことでツイートにメンションを追加したもの。「@ユーザー名(投稿したい内容)」の書式で投稿すると、そのユーザー宛の返信扱いとなります。自分宛の投稿は一覧ページで確認することができ、ツイートの最初に@ユーザー名を入力して投稿すると、投稿したユーザーとされたユーザーのどちらか片方のみをフォローしている第三者ユーザーのタイムラインには表示されないが、双方をフォローしているユーザーのタイムラインには表示されます。。一方、@ユーザー名をツイートの途中に入れて投稿すると、さらに投稿したユーザーをフォローしている第三者ユーザーのタイムラインにも表示されるため、あえて@ユーザー名の前に "." を入れたり、 "@" を2つ重ねたりする場合もあります。リプライはその投稿を行ったユーザーのページを開けば誰でも見ることができるので、ダイレクトメッセージと違いプライベート性は低いです。

f:id:wakuwaku-ny:20191002211448j:plain

  • 非公式リツイート

他のユーザーの投稿をコピー・ペーストし、「RT @ユーザー名(元のユーザーが投稿した内容)」の書式で投稿すること。

  • パクリツイート

他のユーザーの投稿をコピーペーストし、元の投稿者名を表示せずにそのまま投稿することを示す俗語。パクツイと略す。非公式リツイートは元の投稿者名を表示するのに対して、パクリツイートはあたかも自分自身の言葉で投稿したように見せかける、すなわち盗用(パクリ)となるのが相違点であります。

  • フォロー (follow)、フォローイング (following)、フォロワー (follower)

他のユーザーのツイートを自分のタイムラインに表示できるようにユーザーを自分のフォローリストに登録、相手のユーザーのフォロワーになるということをフォロー、相手の設定によってはフォローされたことが通知される。自分がフォローしている他のユーザー のことはフォローイング、自分のことをフォローしている他のユーザーのことはフォロワーと呼びます。

f:id:wakuwaku-ny:20191002212046j:plain

 

Twitter - Wikipedia 参考にしました

まとめ

以上、知ってるようで知らないTwitterの世界を簡単にご紹介しました。今や、Twitterの影響力はメディアニュースを圧倒しつつあるとさえ言われています。TwitterはSNSではない、と定義づけされていることから、この意味も分かるかと思います。

今後、益々、拡大することも予想されています。使い方をマスターすれば、世界中のニュースや人々の意見を瞬時に知ることもできる便利なツールだと思います。

最後は恒例の米国からの関連ニュースです。私もフォローしているこのお方 ↓

最新ツイッターです。ちなみにフォロワー数6.5億という驚愕の数字です。さすが、

トランプ大統領。

 相変わらず、敵対しているマスメディアへの攻撃ツイッター炸裂です。

 

今日も最後まで読んで下さって、誠にありがとうございます。

いいな、と思って下さったら、スターマーク、ブックマーク、読者登録して頂けましたら、本当に嬉しいです。

では、まだ次回!