ワクワクNYの生活お役立ちブログ

波乱万丈人生半世紀。体当たりの本音情報をお届けします。

ニューヨークのホームレスが凄すぎる!地下鉄ショー歌唱力がプロ、ドブネズミも参加?<動画あり>

台風19号の爪痕も深い関東地方。また大雨警報のニュースを見て、心が痛いです。どうか、これ以上被害が拡大しませんように。ただただ祈ることしか出来ません。自然の前での人間の無力さに、絶望すら感じています。1日も早い復興を願っています。

さて、今日はこちらニューヨークから「ホームレス」の話題を。

f:id:wakuwaku-ny:20191017223628j:plain

 日本のホームレス避難所問題

日本でも「ホームレスの避難所拒否」のことが話題になっていましたね。

大きな被害をもたらした台風19号が接近するなか、東京都台東区が、自主避難所を訪れたホームレスとみられる人を受け入れなかった問題で、同区は15日謝罪コメントを発表した。

当初は、「ホームレスらへの対応は今後の検討課題」などとして、明確な謝罪をしていなかった。批判が高まり、国会でも問題が取り上げられる中、謝罪に追い込まれた格好だ。引用:週刊朝日

 

 

台風19号は12日から13日にかけて日本列島を縦断した。NHKによると、15日午後6時までに67人の死亡が確認されている。12日夜には、台東区の避難所が住所不定の男性2人に対し、受け入れを拒否したという。この件は日本国内で大きな議論を呼んでいるが、全員がホームレスの被災者に同情的ではないようだ。引用:BBC Japan

 

 賛否両論あるようです。アメリカは「ホームレスに寛容」な国。寛容すぎるほどの街、カリフォルニア州サンフランシスコ。寛容すぎた故に、ホームレスがサンフランシスコ目指して大挙押し寄せ、美しかったサンフランシスコの街並み(主にダウンタウン)が大きく様変わり、衛生上と治安問題にもなっています。20年前に住んでいた私も、先月再訪したとき、ゴミだらけのダウンタウンを目の当たりにして、あの美しかったサンフランシスコが、と少し悲しくなりました。本当にあまりの様変わりに、声を失いました。ブティック店舗の前で寝泊まり、朝になると追い立て、店員が掃除をして開店、でも、夜になるとまた戻ってくるイタチごっこが起こっています。ホームレスを巡る賛否両論、私には理解できるような気がします。

ニューヨークのホームレス事情

ニューヨークのホームレス人口って?

61,674人。(8月2019年調べ)

内訳として14,806家族子供21,802人含む。

家族連れが多いですね。

BEST10ホームレスシェルターサイト!

トップ10のニューヨークホームレス避難所(Yelp)が存在、ベスト10シェルターのリストアップがされるほどの「手厚い補助と弱者への救いの手」、はさすが、多民族国家アメリカ合衆国。それと、やはりキリスト教の多いアメリカならではの博愛主義からくるものだとも感じます。シェルターの数も、個人の家から教会まで、その数ゴマンと有り、アメリカ人の懐の深さには感心せざるを得ません。

www.yelp.com

 

 「ニューヨークのホームレス」は逞ましい!

タレントショーさながら模様

ニューヨークの冬。寒くて長〜いです。氷点下の日も続く、厳寒の冬。

ホームレスの人々はどうやって、寒さを凌いでるのでしょうか?

www.nytimes.com

 

ほとんどのホームレスは、たくさんあるシェルターで寝泊まりしていますが、ニューヨークのホームレスといえば、やはり「地下鉄」ではないでしょうか。

そのホームレスによる地下鉄で繰り広げられるホームレスショーは、ある種、観光名物にもなっています。

ただただ、頭を下げて施しをもらう以外に、色々な特技(特技がなくても)を活かして「稼ぐ」ホームレスもいて、結構楽しいのです。

このホームレス女性、美しいソプラノの歌声に、「ミステリーウーマン」としてCNNニュースにまで取り上げられました。まずはその歌声、お聞きください!

www.youtube.com


 

もっとすごいのがこちら!

車内に楽器も持ち込み、プロさながらの演奏を。それも、次の停車駅までに収まるようにアレンジされたパフォーマンス。圧巻です。ちゃんとお金を集めて回れる時間も計算されています。せっかくショーをしてお金をもらえなければ意味がないので、乗客が立ち上がる前、電車停車の約30秒前に演奏が終わるようになっています!(すごい)

(注)実際にこのような行為を地下鉄車内で行うのは禁止されています。でも、暗黙の了解、そんな感じです。

www.youtube.com

 

こちら、なにやら怪我もしてるホームレスが、杖をドラムのように、リズムを取りながらのリアナを熱唱。”準備できたかい?”などと、乗り合わせの乗客に確認を取るほどの余裕と自信。(ちょっと音程外れていますかね?!)

www.youtube.com

 

ビヨンセ熱唱のこの黒人女性。このような光景に慣れっこのニューヨーカーが、さっさと歩く様もニューヨークらしいですよね。でも、無視ではなく、みんな共存している空気を醸し出しています。

www.youtube.com

NY地下鉄シンガーたちが凄すぎる!

さすがNYだと思うのがこちら。チャンスを求めて世界中から、色々なマルチタレントのある人が集まるニューヨーク。地下鉄といえども、そこでプロデューサーの目に留まり、有名になったシンガーもいるほどです。動画でその一部をどうぞ!

www.youtube.com

 

地下鉄車内のアカペラグループ感動のハモり

これ私実際に聞いたとき、感動して涙出ました。ソウルフルな歌ごえ、完璧なハモり。もちろん、最後に紙袋を持って周ってきたので、彼らの「対価」としてお金を入れさせて頂きました。

www.youtube.com

地下鉄車内でアクロバット(必須!絶対観てください!)

初めて、この光景を観たときはぶったまげました!それと、つい拍車喝采してしまいました。すごい街です、ニューヨーク。(色々な意味で、、、)

www.youtube.com

NYホームレス悲惨な状況も楽しんでいる?!

この動画は楽しんでいるのでは、決してないのですが、乗り合わせの他のお客も見慣れた光景なのか、叫んだり、驚いている人もいないところが、ニューヨークだな、と

感心します。

 

ニューヨークの地下鉄に住むドブネズミも大したものです。ホームレスの食料をこっそり盗んでいく様は「トムトージェリー」のテレビ番組を思わせますよね!

www.youtube.com

 きわめつけはこちら!!!

地下鉄に徘徊するドブネズミを飼い慣らし、このように、徐々に芸を仕込んでいるという。

www.youtube.com

動画がなくて、残念なのですが、私の使う駅で、「ドブネズミにスプレーペンキでピンクとブルー色を吹き付けた」虹色ネズミを、飼い慣らし、「芸を仕込み」披露しているすごいホームレスを見かけました。逞ましい、と妙に感心したのと、つい、吹き出してしまった私でした。

まとめ

NYホームレスは逞ましいのは間違いありません。ドラッグ中毒による精神錯乱であったり、職を失って絶望感から、ホームレスになる理由は様々です。上の動画のように、何か自分の持てる才能を使ってお金を得る、そういうホームレスにアメリカ市民は寛大かつある意味「認めて」その対価を払う、そういう感じでお金を渡している場面をよく見かけます。

ホームレスはここニューヨークでもその数が増え続け、問題になっています。やはり、衛生上の問題、税金投入している以上、NY(特にマンハッタン)の高額税金を納めている納税者にとって「弱者を救う」精神は当然の概念として持ちつつも、その内情は複雑で有るようです。弱者との共存。人類の課題であり、必須概念でありますが、受け取り側の制度の利用の仕方、それこそが真の弱者との共存なのだと思います。

 今日も最後まで読んで下さって、誠にありがとうございます。いいな、と思って下さったら、スターマーク、ブックマーク、読者登録して頂けましたら、本当に嬉しいです。